災害に強い家

予測不能な災害は、まさかのタイミングで起こります。家は、家族が集う場所。
当然ある場所が、急になくなる怖さ。しっかりと対策をする家はどんな家でしょうか?

地震に強い

建築基準法で木造最高レベルの「壁倍率5倍!」
LIXILスーパーウォールを採用

実際に災害に遭った各地で
震災に負けなかった実例も多々。
信頼の実績がある壁材です。

LIXILスーパーウォールは国土交通大臣認定取得

ポイント1 地震や台風にも強いモノコック構造

在来工法とモノコック構造の比較

壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。
住宅においては、地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

ポイント2 最高レベル・耐震等級3対応

耐震等級とは地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で評価されます。
建築基準法で義務つけられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しないレベルとされていますが、地震は本震以降も余震が繰り返しやってきます。
地震の際は、 本震で傾き、繰り返す余震で崩壊してしまう可能性が高いのです。

耐震等級とは

耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じレベルです

耐震等級3の図 耐震等級3の図

ポイント3 高耐震+制震で、建物の揺れを最大約1/2に軽減

壁材には、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを採用。
地震による建物の揺れ幅を比較すると、非制震住宅に比べ制震住宅の揺れ幅は約2分の1。
大きな地震、くり返す余震から、ご家族や大切な財産をしっかりと守ります。

火災に強い

壁の中に酸素がない壁材(LIXILスーパーウォール)を採用

スーパーウォールの壁は、硬質ウレタンが隙間なく充填さえており、
燃えるために必要な酸素が存在しません。
万が一、火災になっても表面が炭化して燃え進みません。

■構造材をガスバーナーで燃焼した際の比較
構造材をガスバーナーで燃焼した際の比較 構造材をガスバーナーで燃焼した際の比較

水害に強い

頑丈で高気密だから、水の侵入も最小限

夢空間が採用している壁材、LIXILスーパーウォールで建てた全国の家では、
様々な災害に耐えた実績が多数残っています。下記の事例は、過去の水害の事例。
周囲が倒壊・浸水する中で、最小限の被害だったとの声が上がってきています。

2009年 中国・九州北部豪雨

LIXILスーパーウォール2009年中国・九州北部豪雨
LIXILスーパーウォール:
災害の備えより引用

記録的な豪雨による水害の中で、被害を最小限に抑えた。

施主様のお声
「家を建て替える時も、またお願いしたいと思います。」

2011年 東日本大震災

LIXILスーパーウォール2011年 東日本大震災
LIXILスーパーウォール:
災害の備えより引用

津波が押し寄せたにもかかわらず、家の中は床が少し濡れただけだった。

施主様のお声
「1m以上も水が上がったのに、床の表面が濡れただけ。雑巾で拭いただけで済みました。」